自律神経失調の漢方

ストレスからくる下痢や便秘に漢方が効果的

普段生活をおくっている上で、どうしても私生活で感じるストレスや疲労感の蓄積は、目には見えないようで体にどんどんたまってしまいがちです。特にストレスが溜まりやすくなると体の調子が崩れてしまい、女性などは女性ホルモンのバランスが崩れやすくなってしまうので、体の代謝力が低下しやすくなり足や指先の冷えが気になるようになったり、整腸作用が働かなくなる事で、下痢気味になったり便秘気味になってしまう経験をしたことのある女性は少なくありません。

 

特に便秘は体の中に不要な老廃物が溜まってしまっている状態なので、便秘の状態が続けば続くほど悪玉菌が腸の中で増えてしまい、ガスが溜まる事でお腹が張ってしまう事で苦しく感じたり、肌に吹き出物やニキビなどの肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

 

そこで便秘解消をするために、便秘薬などを利用する方は多いですが少しでも体に負担をかけずに便秘改善をしたいのであれば、漢方薬などを利用する場合が増えてきています。麻子仁丸や大甘丸、清営顆粒など自分の症状に合わせて上手く漢方薬を上手く活用する事でしっかり便秘を解消することが出来るようになります。

 

また薬を利用するよりも、普段の生活習慣を見直して改善したいという場合は便を柔らかくして排出しやすくしてくれる繊維質の多い食事をとることをお勧めします。ただ繊維質だけ摂取しても便が硬くなってしまう危険がありますので、便を柔らかくする水分と、便が排出されやすいように油などもある程度摂取することが必須になります。

 

また適度に運動をしたり、夜更かしをせずに十分に睡眠をとることも基本となります。生活習慣を整える事で体の調子を良くして、体の代謝力をアップさせる効果も得られるようになりますのでまずは自分の生活習慣がきちんとおくれているのか確認することが大切になります。
勿論体の調子を崩す原因となるストレスが溜まらない生活を心がけることも大切になりますので、普段からこまめにストレス発散をする事も便秘を予防するために必要になります。”

 

2017/02/16 15:28:16 |
うつ病や自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが乱れることによってさまざまな症状が現れます。私が、うつ病と戦う原因となったのは、主にストレスが原因だと自覚しています。ストレスが長く蓄積されていくことによって、交感神経と副交感神経のバランス乱れ、交感神経が過度に働くことによって、不眠や、ふらつき、動機やめまい、耳鳴りの症状が体に現れるようになりました。さらに、うつ病の特徴として、避けられないのが気分の落ち込みによる「自殺」衝動です。普段の日常生活において、何に対しても意欲が出なくなり、うれしいとか楽しいといったポジティブな思いがなくなっていき、気分が沈んだまま何日も過ごしているうちに気...
2017/02/16 15:17:16 |
お肌は、ストレスによっても敏感に影響を受けてしまうものです。ストレスを感じてしまうと、なかなか眠りにつくことができなかったり、眠ったとしても、睡眠の質が悪くなってしまいます。そうした睡眠不足はお肌にとってはよくないもののひとつに挙げることができるでしょう。また、ストレスによる影響は、それだけではありません。人はストレスを感じると、全身の血のめぐりが鈍くなってしまう傾向にあります。また、胃腸は心の臓器ともいわれているように、精神的な面と密接につながっているものです。そして、胃腸の調子が悪くなると、湿疹や吹き出物などといった症状で、お肌に影響を及ぼすことになります。場合によっては、湿疹や吹き出物の...